追悼・佐々木昭一郎さん 是枝裕和、河瀬直美らに大きな影響を与えた唯一無二の映像作家

公開日: 更新日:

 元NHKのディレクターで映像作家・映画監督の佐々木昭一郎氏が14日、肺炎のため、神奈川県大和市内の病院で亡くなった。享年88。葬儀は20日、近親者で執り行われた。

 佐々木さんは1960年にNHKに入局し、ラジオ・テレビドラマの演出を手がけた。ラジオドラマ「都会の二つの顔」(1963年、芸術祭奨励賞)は、文学座研究生時代の女優・宮本信子が偶然知り合った若者と恋人同士として一日を過ごす様子をドキュメントタッチで描いたもので、宮本の相手役は魚河岸で働くズブの素人・横溝誠洸氏。ドラマとドキュメンタリーを合体させたユニークな手法は佐々木氏が嚆矢(こうし)といえる。

 66年、寺山修司と組んだラジオドラマ「コメット・イケヤ」でイタリア賞グランプリを受賞。テレビドラマに転じてからは「マザー」(71年)でモンテカルロ・テレビ祭金賞、「さすらい」(71年)で芸術祭大賞、「紅い花」(76年)で芸術祭大賞、国際エミー賞優秀作品賞、中尾幸世主演の「四季・ユートピアノ」(80年)でイタリア賞グランプリ、「川の流れはバイオリンの音」(81年)で3度目の芸術祭大賞、同じ「川シリーズ」の「春・音の光 川」(84年)で毎日芸術賞と国内外の賞を総ナメにし、「世界の佐々木」「グランプリ男」と呼ばれた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方