ジブリファン「買収は今夏に向けての布石だったのか?」の疑念…日テレ24時間テレビ放送強行に批判殺到

公開日: 更新日:

 ジブリファンからの怒りの声が続々だ。日本テレビは6月20日、今年の「24時間テレビ」(8月31日~9月1日放送)のテーマが「愛は地球を救うのか?」であると発表した。併せて、毎年発売しているチャリティーグッズ「チャリTシャツ」について、今年はスタジオジブリの宮崎吾朗監督がデザインしたことも明かしたが、これに対し、《ジブリで悪しきイメージを払拭しようとする局の姿勢が気味悪い》といったブーイングが止まらないのだ。

 というのも、24時間テレビをめぐっては、昨年11月に系列局の日本海テレビの元幹部による募金着服が発覚。今年2月には「24時間テレビチャリティー委員会」が再発防止策を発表したが、視聴者の間では《24時間テレビ嫌だな。募金の着服あったのに今年やるの?》といった反対の声が渦巻いていた。そんな中でいわくつきの番組のチャリティーTシャツのデザインをジブリが受注したとあらば、ファンの怒りは相当なものだろう。

 ジブリをめぐっては今回のチャリTシャツについて余計な詮索を招きそうな出来事が起きていた。昨年10月に日テレはジブリの子会社化を実施していたからだ。これを覚えていたジブリファンからは《ジブリを子会社化させた結果がこれか? ふざけてる》《ジブリまで利用するか 子会社化したから好きに使えるもんね》といった、昨年のジブリ買収は今夏に向けての布石だったのではと訝る声が噴出しているのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方