朝ドラ「虎に翼」ウラの見所~はるさん、急過ぎる。猪爪家の歴史が刻まれたはるの日記は“永久保存”希望

公開日: 更新日:
コクハク

NHK朝ドラ「虎に翼」~第12週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」#59

【朝ドラのツボ!】

 猪爪家を飛び出した道男(和田庵)。泊めると言い出したのは自分だと責任を感じているはる(石田ゆり子)は心労がたたって倒れてしまう。

 寅子(伊藤沙莉)ははるに会わせようと道男を探しに行き、上野のよね(土居志央梨)と轟(戸塚純貴)を訪ねる。

【本日のツボ】

はるの日記
 ※※以下、ネタバレあります※※

 油断していました。よもや、はるが亡くなるなんて。思いもしませんでした。だって、つい3日ほど前はあんなに元気だったのに…。急過ぎます。おかげで、後半、ずっと涙が止まりませんでした。

 それにしても道男です。見たところ、もう立派な成人男性のように見えるのですが、“浮浪児”ということで合っているのかなあと、児童福祉法を調べてみると、なんと18歳未満は児童だったのですね、法律上は。

 そんな道男、花江(森田望智)に対して「おばさん、キレイな顔してんな」発言に続き、直道(上川周作)のジャケットを着た道男を見て涙ぐむ花江に、「オレ、なれないかな、その人の代わりに。花江ちゃん、優しいし、いい人だし、きれいだし。だからオレ、オレ…」と迫っていました。

 相当の年上好きなのでしょうか。この頃、寅子が34歳ということは同級生の花江も同い年なので、下手すれば20ほども年の差があるのではないか、と。

 もっとも、先日、3度目の結婚を発表した熊谷真実(64)の2番目の夫はたしか18歳年下でしたし、三原じゅん子議員(59)も24歳年下の夫、というと、ありといえばありなわけですが…。

 そのせいで、猪爪家から飛び出てしまうことになり、気に病んだはるが心臓を悪くしたのだとしたら、こんなに悲しいことはありません。

 猪爪家にしてみれば、道男はとんでもない疫病神になりますが、そうではなく、最後の力を振り絞って道男を抱きしめるはる。愛をもって道夫を正しい道へと導きます。

猪爪家の歴史そのもの

 はるが亡くなる直前、「いやだーいやだー」と駄々っ子のように泣き叫ぶ寅子。彼女にとってどれだけ母の存在が大きかったかがわかります。

 最後に、「日記は焼いてね」「恥ずかしいから」というのもいかにもはるらしく…。とはいえ、あの日記は夫・直言(岡部たかし)の危機を救った大切なもの。猪爪家の歴史が刻まれたものなので、本人の希望とはいえ、焼かずに保存しておいてほしいと願います。

 とにもかくにもはるさん、お疲れさまでした。亡くなってもきっと優三(仲野太賀)のように寅子のもとに現れてくれますよね。

(桧山珠美/TVコラムニスト)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方