竜星涼《平安ニーニー》隆家役で演技派の本領発揮!「光る君へ」永山絢斗の代役と忘れるほどのハマり役

公開日: 更新日:

 ネット上には《ハマりすぎてて、代役ってこと、すっかり忘れてた》なんて感想もある。吉高由里子(35)主演のNHK大河ドラマ光る君へ」に、藤原隆家役で出演中の竜星涼(31)をめぐるコメントが沸いている。

「竜星さん、イキイキとしていて目の光も強く、隆家を演じるのがとにかく楽しくって仕方ないという印象ですよね。あまりに隆家役がぴったりとハマりすぎていて、実は代役だったという事実を忘れている視聴者が多い。私もうっかりすると忘れそうなほどです」と笑うのは、芸能ライターのエリザベス松本氏だ。

 当初、隆家役を演じると発表されていたのは俳優の永山絢斗(35)。2023年6月に自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた。同9月に懲役6カ月、執行猶予3年を言い渡されている。永山は決まっていた隆家役を降板し、代役に竜星が選ばれたというわけである。

「ところがふたを開けてみたら、あまりにも竜星さんの隆家が良かった。《ホントは竜星涼での当て書きなんじゃ?》《むしろ永山絢斗より似合ってる》なんて声もチラホラ。生まれながらの陽キャで調子がいいけど計算高い。自分大好き超ポジティブ志向だけれど、人をけむに巻くところもある。いい加減なところだらけなのに、やたらと目がキラキラしていて、なんかちょっと憎めない隆家なんですよね」(前出のエリザベス松本氏)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差