“16連射ゲーマー”高橋名人がXに投稿…介護保険料負担への嘆きに同調と驚きの声広がる

公開日: 更新日:

 5年に1度の公的年金制度の改正を2025年に控え、現在、その前提となる年金財政の検証作業が進んでおり、早ければ7月にも公表される見通しだ。厚労省では国民年金(基礎年金)の保険料納付期間を現行の20~59歳までの40年間から64歳までの45年間に延長し、年金額を年約10万円増やす案が検討されているという。

「100年安心」だったはずの公的年金制度はあっという間に見直しを余儀なくされ、納付期間の延長や支給額の見直しなど、国民にとっては将来不安が募るばかりだが、そんな中、かつて社会を一世風靡したレジェンドゲーマーの高橋名人(65=本名・高橋利幸氏)が18日、自身のX(旧ツイッター)を更新。《65歳になったら、介護保険払えって書類が来たよ》《11カ月分で18万弱。なんかさぁ…》などと介護保険について投稿した内容がSNS上で話題となっている。

■65歳以上の介護保険料は全国平均で月額6225円

 介護保険料は40歳から支払いが始まるが、被保険者は65歳を境に分けられている。65歳以上の人を「第1号被保険者」、40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人を「第2号被保険者」といい、「第1号被保険者」の保険料は市区町村ごとに条例で定められた「基準額」をもとに、本人及び世帯の所得や課税状況によって段階的に設定されている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方