霜降り明星・粗品の暴走止まらず…懸念され始めた相方せいやの“オリラジ藤森慎吾化”

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ霜降り明星粗品(31)の度重なる暴言が物議を醸していることで、相方せいや(31)を心配する声が上がり始めている。

 4月12日放送の「酒のツマミになる話」(フジテレビ系)で元雨上がり決死隊宮迫博之(54)のことを粗品が呼び捨てにし、「先輩じゃないっすよあいつ。もう辞めてんから」と切り捨て、それに応戦した宮迫を「霜降り明星のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)や自身のYouTubeチャンネルで口撃し続けた。

 こうした粗品の言動に対し、明石家さんま(68)は自身のラジオ番組で「マジやったら、我々世代、芸能界では考えられない」「吉本じゃないっていったって、お笑い芸人は先輩後輩やから。だから、先輩に対してああいうことを言うっていうのは、本当は間違いやねんけども」と苦言を呈す事態に。

 宮迫が応戦し始めた頃は、面白がって見ていた人たちも、繰り返される粗品の暴言を問題視し始め、《段々まともなメディアは敬遠して、中田敦彦みたいになってしまったら、せいやが藤森慎吾みたいに苦労するだろう》《藤森みたいにせいやも方向性考えておいた方がいいかもね》と、霜降り明星がかつてのオリエンタルラジオのようにメディアから敬遠される可能性を指摘すると共に、せいやの行く末を心配する声が散見されている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント