著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

公開日: 更新日:

 ここ数年、川口春奈橋本環奈浜辺美波ら新しい世代の若手女優のCM起用が目立っている。今後期待される、次の大ブレーク候補は誰なのだろうか。2024年春~夏の新CMで活躍している若手の中から、女優評論家の高倉文紀氏が6人をピックアップする。

  ◇  ◇  ◇

 この1年で主役級に大躍進した20代女優の代表といえば、TBS系日曜劇場「アンチヒーロー」に出演した堀田真由(26)だろう。

 1998年4月2日生まれ、滋賀県出身。2020年にリクルート「ゼクシィ」の13代目CMガールとして活躍。昨年秋には「たとえあなたを忘れても」(ABC・テレビ朝日系)で連ドラ初主演を果たした。

 現在は江崎グリコ「パピコ」、サッポロビール「ナナマル」、西武鉄道などのCMに出演。ドラマで演じるクールな役柄とは対照的に、素顔の彼女はカラッと晴れた初夏の湖畔を思わせる明るいキャラクターで、CMとの相性が抜群にいいのでさらに起用が増えそう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方