朝ドラ「虎に翼」ウラの見所~脱いでも凄い滝藤賢一。山本耕史と西島秀俊で「3大ムキムキボディ俳優」認定

公開日: 更新日:
コクハク

NHK朝ドラ「虎に翼」~第12週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」#56

【朝ドラのツボ!】

 昭和24年1月、ついに家庭裁判所が発足。多岐川(滝藤賢一)は寅子(伊藤沙莉)たちに家裁の「五つの性格」について聞かせる。

 設立記念のパーティーの後、寅子は最高裁長官の星朋彦(平田満)から新たな辞令を受ける。これまでの仕事に加え、東京家庭裁判所判事補を兼務することになった寅子。念願の「裁判官」として、寅子の新しい仕事が始まる。

【本日のツボ】

多岐川ムキムキボディ
 ※※以下、ネタバレあります※※

 ついに女性初の裁判官になった寅子。そして、よね(土居志央梨)と轟(戸塚純貴)にも再会し、記念すべき回なのですが、それよりもなによりも多岐川の鍛え抜かれたムキムキボディ&ふんどし姿があまりにも強烈過ぎて、それに触れないわけにはいきません。

 初登場の際も滝行からの登場でインパクト大でしたが、再び、このシーンが出てくるとは思いもしませんでした。

 そういえば、先日、NHKの午後の情報番組「ニュースーン」を見ていましたら「虎に翼」の特集をやっていて、多岐川のモデルになった人について言及、本当に滝行が趣味だったそうです。

 てっきり、中の人が「滝藤」だから、滝つながりで「滝行」、おまけに名前も多岐川と、滝づくしで攻める作戦かと思ったら、実話に基づいていたようです。

 それにしても、滝藤のムキムキボディには驚きました。彼が個性的なファッションを好み、一部で、おしゃれ番長と言われているのは有名ですが、脱いでも凄かったんですね。

 山本耕史西島秀俊と合わせて、3大ムキムキボディ俳優と認定させていただきます。

「あんた、小橋っていうんだ。覚えたからな」
 もうひとつ。小橋(名村辰)が「あんた、小橋っていうんだ。覚えたからな」と戦災孤児のリーダー格に言われ、「ヒィーッ」と震えていたのにも注目です。

 これはかつて、女子部の法廷劇で野次を飛ばして、よねに胸ぐらを掴まれて凄まれた時のセリフで、思わずニヤリとしてしまいました。

(桧山珠美/TVコラムニスト)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  5. 5

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  1. 6

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  2. 7

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    「あぶない刑事」100万人突破で分かった…舘ひろし&柴田恭兵“昭和のスター”の凄みと刑事役の人材不足

  5. 10

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪