「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

公開日: 更新日:

〈面白すぎた〉〈良質な日曜劇場〉〈脚本良かったな〉〈見応えあった〉〈伏線回収も見事〉〈白熱の演技合戦も最高〉などなど、ドラマ好きもうならせた。長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」。16日に最終回を迎えて、平均世帯視聴率12.2%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と、前回の11.2%から1ポイントアップでフィニッシュした。

「視聴率はもちろんですが、春ドラマの中では、満足度や若年層の支持率など総合評価でナンバーワンと言っていいのではないでしょうか」(スポーツ紙芸能デスク)

 ネット上には〈最近のドラマはつまらないなんて言うが、このドラマを見てから言ってもらいたい〉〈長谷川博己さんがただただ素晴らしい〉なんて最大級の賛辞も。続編を希望する書き込みも少なくない。TVerのお気に入り登録数も100万人近くと春ドラマの中ではトップを争い、レビューサービス「Filmarks」ドラマの評価は5点満点で4.0(17日現在)とクライマックスに向けて上昇傾向に。

「日曜劇場はこの数年、全話平均で9%台のドラマもあったりして一時は低迷もささやかれたりしましたが、堺雅人さんの『VIVANT』に続いて『アンチヒーロー』で、またファンを取り戻した印象です」(前出のスポーツ紙芸能デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差