映画「フィリップ」監督インタビュー「感情が凍り付いた男の孤独にフォーカスしています」

公開日: 更新日:

 現代のヒーローなのか、アンチヒーローなのか──。ポーランドで、長く発禁となっていた原作の映画化「フィリップ」が賛否両論である。第2次大戦下のドイツで、主人公フィリップはユダヤ人の出自を隠しつつ、ナチス上流階級の女たちを次々に籠絡していく。屈折した復讐劇。

「もっとポジティブに評価されていいキャラクターだと思う」とミハウ・クフィェチンスキ監督(73)はこう言う。

「まわりは自分の親しい人まで殺した敵だらけ。出生も明かせず、怒りと孤独感にさいなまれている。現在のウクライナ移民たちと似ているし、社会から疎外されつらい思いをしている人は日本にもたくさんいるでしょう。そんな背景を考えれば、ぐっと身近に感じられませんか」

 ──作品を通じて描きたかったのは?

「原作を読み、まさに今の世界がこういうふうだと思ったんです。愛が欠如し、その必要性、憧れはありますけど、その感情を深めていくことすらできない。ネットやSNSの普及によって、世界を深く見る、考えることができなくなっている現代人たち。簡単に洗脳されてしまいそうで、怖くもある。モラル、道徳的観点も必要ですが、それらを外して、映画を見てもらいたいと思います」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント