中森明菜「清瀬市への郷愁」と肉親への反発…駅100周年で大ヒット2曲が発車メロディーに

公開日: 更新日:

 中森明菜(58)と縁のある東京・清瀬市で、西武池袋線の清瀬駅の発車メロディーに明菜のヒット曲を採用して話題だ。清瀬駅の開業100周年を記念したもので、池袋方面に向かう上りホームでは「DESIRE-情熱-」が、下りホームで「セカンド・ラブ」のメロディーが流れ、往年の男性ファンは「跳びはねちゃいました」とテレビで喜びを語った。

 明菜は大田区に生まれ、清瀬市で育った。小中学校も清瀬市立の卒業だ。

「2男4女の中森きょうだいは明菜さんのデビュー前、小中学校時代から有名だったそうです。ちょっと後に横浜銀蝿の『ツッパリHigh School Rock'n Roll』がはやって、歌われていたような不良スタイルだったとか。明菜さんも中学時代は長めのスカートを引きずって、革の通学かばんをぺたんこにしていたらしいですよ」と、明菜ウオッチャーの元芸能記者は懐かしむ。

 やがて80年代のアイコン、アイドル歌手のトップへと走り出していくのは周知の通り。芸能マスコミの過熱取材は、清瀬市の実家や親族へも及んでいった。

「当時のアイドルたちと同じかそれ以上に、明菜さんのご実家も被害に遭ってました。今は亡きお母さんが、ほうきを振りかざして撃退したといったエピソードもひとつやふたつじゃありません。どう考えても、報道被害だったと思います。自戒を込めて」と、元記者は当時を振り返った。

 売れっ子は睡眠時間も削るほどの過密スケジュールが当たり前だったが、明菜は実家で羽を休めることもできなかったのかも知れない。もともと歌手を志望したのは、大好きだったお母さんの、かなわなかった夢を代わりにかなえてあげるため。孝行娘は家族のために清瀬市に3階建てのビルを建ててあげた。家族もスターとなった明菜を応援するためもあってか、会社を設立して芸能界にタッチしていく。

「それらが、わだかまりのはじまり。お金の流れをめぐる不信感が生じ、また、自分の建てたビルでの事業もことごとくうまくいかず、その失敗も明菜さんのもとへ。最愛の母千恵子さんが1995年に亡くなったのを機に、そんな家族や親族との関係も断絶という流れになってしまったと聞いています」(元記者)

 このほど明菜の実兄が週刊新潮の取材に語ったところによると、齢90となる父明男さんは昨年6月に転倒して以来、寝たきり。年末には腰を疲労骨折し、病院に入院しているそうだ。明男さんはかねて「明菜に会いたい」とメディアで訴え、次兄も「できたら会ってもらえたらうれしい」と同誌を通じて訴えている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方