森香澄が“鋼のメンタル”を得るまでの軌跡…フリー転身から1年、SNSアンチコメントに堂々私見

公開日: 更新日:

 昨年3月にテレビ東京を退社した森香澄(28)が冠番組である「森香澄の全部嘘テレビ」(テレビ朝日系月曜深夜)で、10日の、SNSに投稿したファッションに対するアンチコメントについての私見が話題となっている。

 森は、私服をSNSに投稿したところ、「ダサいと言われたりして、『中学生みたい』と言われた。はやりのファッションだったんですよ! 本当にはやってるんです、韓国で」などと振り返った。

 さらに、「『中学生みたい』と最初のひとりが言うと、みんな“そうだね”みたいになっちゃう」「誰かが最初に『おしゃれ』って書けば、それがそうなったりするんですよ。だから“最初に書いた人の意見です、あれは”と思ってます、私は」と語った。

 これを伝えたニュースのコメント欄は、「韓国ではやってようが、中学生っぽいのは中学生っぽい」などと、またもアンチコメントであふれていた。

 森はこうしたアンチコメントへの対応について、5月放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(ABEMA)でも、お笑いトリオ「トンツカタン」のお抹茶(34)の対応に答える形でこう話していた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方