タモリ倶楽部“空耳アワー”の“尻俳優”有田久徳さん 2年前から居酒屋を経営するワケ

公開日: 更新日:

有田久徳さん(47歳)

 タモリの冠番組「ブラタモリ」(NHK)がこの3月に終了。1年前には「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)も終了し、とくに“空耳アワー”ファンは寂しく感じているだろう。VTRで裸になり、よく尻を出していたのがお笑いコンビ「ダンサブル」の有田久徳さんだ。有田さん、今どうしているのか。

  ◇  ◇  ◇

「『タモリ倶楽部』終了は、23年2月にテレビ朝日から発表されたときに、初めて知りました。発表の前日ぐらいに、“空耳アワー”の撮影にコロナを経て久しぶりに呼ばれ、スタッフさんらと『またよろしく』と挨拶し合ったところだったのでショックでしたね。30~40代の15年間ぐらいずっと出演させていただき、撮影のある隔週土曜日はスケジュールをずっと空けていたので、それがなくなって、僕の青春が終わったような寂しさを感じました」

■高円寺で居酒屋「小粋」を経営

 JR高円寺駅から徒歩4分の「小粋」で会った有田さん、まずはこう言った。

「小粋」は有田さんがオーナーの串焼きや煮込みがメインの大衆居酒屋。有田さんは、お笑いライブや、コンビでのユーチューブ「むしりとるチャンネル」などで活動する以外は、この店の経営に注力しているという。

「もともとは、この店の常連客でした。マスターが2年前、コロナの影響や子どもの誕生をきっかけに店を閉めると聞き、居抜きで買わせてもらいました。僕は北千住とかにある安い店を食べ歩き、飲み歩きするのが大好きだったので、その経験を生かし、メニューを一新し、若手芸人でも通えるような、安くてうまい店をコンセプトにやっています」

 店内の黒板などに手書きされたメニューを見ると、テッポウ、ハツ、トントロなど豚の串焼きや煮込みが1本150円から、チャータク丼400円、ホルモン焼きそば600円、生ビール550円と、確かに手頃な価格だ。

 掃除が行き届いた店内は、テーブル席8席、カウンター7席と、こぢんまり。

「経営は順調です。でも、自分で料理をして出すのは初めてなので、不慣れで準備に時間がかかり、店を開けるのは午後3時なのに、朝8時には店に来て、仕込みなどをしています。深夜1時ごろに閉店後、ここから歩いて5分ほどの駄菓子バー『BJ Bar』に顔を出してから帰宅する毎日です。体はしんどいですけど、ネタ作りに悩んで寝られないのより、精神的には楽ですよ」

「BJ Bar」も有田さんの店で、10年ほど前に前オーナーの勧めで譲り受けたという。

「『いつまでも、バイトで生活する若手芸人ではいられないだろう』って。僕は人との出会いには恵まれているんですよ。バイトに任せている『BJ Bar』の経営も順調です。芸人以外の才能はあったみたいですね(笑)。でも、芸人も楽しいので、やめませんよ」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  5. 5

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  1. 6

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  2. 7

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    「あぶない刑事」100万人突破で分かった…舘ひろし&柴田恭兵“昭和のスター”の凄みと刑事役の人材不足

  5. 10

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪