「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

公開日: 更新日:

 最終回までにどこまで数字を上げるか。業界の注目が集まっている長谷川博己(47)主演のTBS系日曜劇場「アンチヒーロー」。

 9日放送の平均世帯視聴率は11.2%(個人7.0%)と2ケタをキープし、前回から1ポイントもアップ。16日の最終回に向けて、どこまで伸ばせるかだ。

ドラマ出演は約9年ぶりという吹石一恵も物語に絡んできた。長谷川が演じる明墨弁護士の検察時代の亡き同僚という重要な役どころで、視聴者も大盛り上がり。さらに“ラスボス”らしき伊達原検事正(野村萬斎)の部下を演じる木村佳乃、明墨の事務所のパラリーガル役の大島優子など、謎めいた女性を残していた。視聴者を引っ張るのがうまい」(元テレビ誌編集長)

 まあ、もくろみ通りなのだろう。考察合戦も過熱している。“有名女優”が数字の底上げにひと役買っているようだが、まだ無名と言える新人女優も、このドラマを機に飛躍しそうな気配だ。

 冤罪で死刑囚となった志水(緒形直人)の娘を演じる近藤華(16)。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差