キンプリ永瀬廉は「東京タワー」で“脱ぎまくりのマダムキラー” 会社設立&サブスク解禁で明るい未来

公開日: 更新日:

 King & Prince永瀬廉(25)が魅せる甘美な演技力に、年上女性たちがメロメロだ。佳境を迎えた主演ドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)で、永瀬が倍近い年齢差がある板谷由夏(48)を相手に見せるキスやハグ、ベッドシーンが美しすぎると評判なのだ。

 同作は、01年に出版された作家・江國香織(60)の恋愛小説。05年に岡田准一(43)×黒木瞳(63)で映画化され、14年に韓国でテレビドラマ化された。日本では19年ぶりの映像化で、永瀬に白羽の矢が立った。演じる小島透は、医学部に通う21歳の大学生。20歳以上年の離れた人妻で、世界が認める建築家の板谷演じる浅野詩史と禁断の恋に落ちる。さらに、透の同僚大学生役を演じるTravis Japan松田元太(25)も、20歳以上年上のMEGUMI(42)演じる人妻と肉欲におぼれる。しかし、それぞれ現カノ、娘にバレて修羅場に発展。2人の大学生が年上女性と描くエロティシズムも話題の理由だ。

 初回(4月20日)は見逃し配信のTVerのドラマランキングで、1位を獲得。テレ朝の「オシドラサタデー」枠で歴代最速で120万回視聴を突破して、関連ワードがXで世界トレンド1位、2位を独占。1カ月で総再生回数が1000万回を突破した。

 本作のヒットは永瀬にとって、大きな安心材料となりそうだ。ちょうど1年前、King & Princeから平野紫耀(27)と神宮寺勇太(26)と岸優太(28)が脱退。髙橋海人(25歳)との2人体制になった。抜けた3人は旧ジャニーズ事務所(現STARTO ENTERTAINMENT)も退所して、ダンスボーカルグループ・Number_iを結成。今年元日にデビューシングル「GOAT」をユーチューブで公開すると、わずか3日で1000万回再生を突破。男性アーティストのデビューシングルで、史上最速記録となった。今月は初の単独コンサート(18~20日、有明アリーナ)を控え、8月には夏フェスの「ROCK IN JAPAN FESTIVAL2024」(8月11日、千葉市蘇我スポーツ公園)と「SUMMER SONIC2024」(8月17日、ZOZOマリンスタジアム/8月18日、万博記念公園)に初出場する。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  5. 5

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  1. 6

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  2. 7

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    「あぶない刑事」100万人突破で分かった…舘ひろし&柴田恭兵“昭和のスター”の凄みと刑事役の人材不足

  5. 10

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪