歌手・市川由紀乃さんは2年連続紅白出場と海外公演が夢「今年80歳になる母を連れて行きたい」

公開日: 更新日:

市川由紀乃さん(歌手/48歳)

 美人演歌歌手として知られ、3月に発売された新曲「ノクターン」も好評で、あの舞台に戻るのが夢だ。これからやりたいこと、今も続けていることを語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 これから実現させたいのは海外公演ですね。その時に、今年80歳になる母(榮子さん)を一緒に連れて行ってあげたい。

 ここ数年はずっと、おかげさまで忙しくさせていただいています。そうなればなるほど母親との時間がなくなっているんです。私には先に天国に旅立った兄がいました。兄には生まれつきの障害がありましたので母親が地方公演に年に何回か来てくれることはあっても、兄の面倒をみなければいけないので、プライベートで旅行に行くことはほとんどありませんでした。

 そろそろ私が歌っている姿を見ながら、ちょっと羽を伸ばしてもらえればと考えるようになりました。それには日本もいいけど、できれば外国で公演をやり、コンサートも見てもらい、その地で思い出もつくる……。それがこれからの歌手人生の一番の目標、夢です。

 台湾とハワイで一度歌ったことがあります。台湾やハワイには演歌、歌謡曲を好きな方が多くて私のユーチューブを見て、「台湾に来てください」とか「ハワイに来てください」とかコメントしてくださる方がたくさんいらっしゃいます。

 台湾に出かけたのはまだ10代の頃です。最初に所属した事務所の社長が鳩レースの協会をやっている人でした。鳩を200羽くらい飼っていたんですよ。鳩の界隈では神様といわれるくらい有名で。鳩のレースのイベントが台湾で行われるというので、私がそのアトラクションで2曲歌うことになりました。

 でも、ステージで2曲歌う以外は外出することもなく、1泊して帰ってきました。今度は母親を連れて行き、台湾のみなさんの前で歌い、触れ合って、ステージが終わってから母親と観光するのもいいかなと。そのために台湾語も覚えてステージで歌いたいと思っています。

 台湾の食べ物も楽しみですが、美容にもとても興味があります。薬膳など健康にいいものや美容グッズ、コスメ……。私は病院に行くことが苦手なので、台湾ではそういうものを体験して健康を維持したいですね。

 ハワイは2018年に「ハワイ日系移民150周年記念 美空ひばり音楽祭」で細川たかしさん、Crystal Kay(クリスタル・ケイ)さんと出演させていただきました。私が17年のNHK紅白歌合戦でひばりさんの「人生一路」を歌わせていただいた縁で呼んでいただきました。場所はホノルルにあるニール・ブレイズデル・センターの中にあるコンサートホールです。ひばりさんの映像を映しながらひばりさんの名曲とオリジナル曲を歌うイベントでした。私は「人生一路」や「みだれ髪」などを歌わせていただきました。

 この時は紅白歌合戦3年連続の出場がかなうかどうかというタイミングでした。それはかないませんでしたが、気持ちを切り替えてハワイに行くことになりました。チケットは売り切れ、すごいお客さまの数でした。その時に、ハワイには演歌や歌謡曲が好きな方が多いんだなと改めて思うことができたんです。

 お客さまの反応も違いましたね。日本なら曲の一番が終わるとワーッと拍手してくださいますが、ハワイでは歌い終わるまでジッと聴いて、歌のストーリーを噛みしめ、終わった瞬間に割れんばかりの拍手をくださる。お国柄の違いですが、あまりの反響にゾクゾクしましたね。ひばりさんの曲だったこともあって、とくにみなさんが受け入れてくれた気もします。

 この時は思い出が2つあります。一つはセンターの前にはエルビス・プレスリーの銅像があってその前で写真を撮ったこと。それからリハーサルが終わって休憩時間に近くのスーパーに買い物に行った時のこと。ハワイ在住の60代くらいのご夫婦が「市川さんですか」と声をかけてくださったんです。まさか外国の地で私を知っている人がいるなんてありえないことと思っていたので、すごくうれしかった。その場で一緒に写真を撮ったりしてはしゃいじゃいましたね。今度はぜひ、母親も連れて行き、ハワイで親孝行がしたいです。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  5. 5

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  1. 6

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  2. 7

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    「あぶない刑事」100万人突破で分かった…舘ひろし&柴田恭兵“昭和のスター”の凄みと刑事役の人材不足

  5. 10

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪