石原さとみ「missing ミッシング」と杏「かくしごと」…母になった30代女優2人の転機と新境地

公開日: 更新日:

 5月17日に公開された石原さとみ主演の映画「missing ミッシング」。これは失踪した幼い娘を捜し続ける母親・沙織里を主人公に、夫との娘捜しに対する温度差の違い、時が経つにつれて興味本位の報道へと変わっていくマスコミの対応、沙織里がアイドルのコンサートに行っていた間に娘が失踪したことからSNSで高まる彼女への誹謗中傷などによって、ヒロインの心が壊れていくさまを描いた、吉田恵輔監督による人間ドラマである。

■吉田監督に「使ってください」と直談判

 心の焦りによって夫や唯一定期的に失踪に関することを扱ってくれるTVマンにつらく当たり、不安が増すと彼らにすがるという、情緒不安定な沙織里の目まぐるしく変わる精神状態を、石原はまさに体当たりで演じている。彼女は6年前、吉田監督に「自分を使ってください」と直談判して今回の出演につながったそうだが、直談判した理由は「吉田監督なら、自分を変えてくれると思った」からだとか。確かに監督はこれまで、「ヒメアノ~ル」(2016年)で森田剛に不気味な快楽殺人犯を演じさせ、金で買われて日本の農村へやって来たフィリピン人の花嫁を挟んで、安田顕の息子と木野花の母親が愛に満ちたバイオレンスを繰り広げる「愛しのアイリーン」(18年)など、人間の奥底に潜む暗部をえぐり出した快作を作ってきた。

 今回の映画でも石原に、娘のためならなりふり構わず行動する、周りが見えなくなったヒロインを演じさせ、彼女の新境地を引き出している。石原は撮影前、入念に役づくりをするタイプの女優だが、ここではふっと娘への感情があふれ出てくる場面など、事前の計算だけでは測りきれないエモーショナルな演技が印象的。これによって彼女は演じる役をきっちりこなす女優から、もっと幅のある表現者へと育っていくかもしれない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず