今くるよさん76歳 膵がんで死去…台本を書いていた漫才作家・本多正織氏が秘話で偲ぶ

公開日: 更新日:

 漫才師の今くるよさんが27日、膵がんのため大阪市内の病院で逝去した。享年76。

 1970年に高校時代のソフトボール部の同級生だった、今いくよ(享年67)と「スエ子・正子」で初舞台を踏み、「今いくよ・くるよ」として、84年に上方漫才大賞、88年に花王名人大賞を受賞。派手な衣装に腹鼓、「どやさ!」のギャグで一世を風靡した。宮川大助・花子、オール阪神巨人と共に「漫才BIG3」として80年代漫才ブームの代名詞的存在に。2015年に相方の今いくよが死去してからは、今いくよ・くるよのモノマネをしていた中川家とトリオ漫才で舞台に立ち22年のよしもと「伝説の一日」の舞台にも出演していた。長年、今いくよ・くるよの台本を書いていた漫才作家の本多正識氏が故人をこう偲ぶ。

「出かけるときは『歩くのコケたら大変やんかいさー』と車いすを使っていましたが、今年になってからもラジオの仕事をされていて、お元気だと思っていたので、ただただ驚きました。いくくるさんは、80年代のテレビ漫才ブームで一枚看板になられた、性別の枠を超えた存在。“これが最後”と思って立った花王名人劇場で、おなかをパチーンと叩いたらウケて、次の日からスターになった逸話は有名ですが、普通の話でも、おふたりだとウケてしまう。体を張る芸も、くるよさんの底抜けの明るさと可愛さがあるから笑える。人懐こくて、京都人らしさをソフトに表現されているところも全国区になった理由だと思います」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず