朝ドラ「虎に翼」ウラの見所~「見るんじゃない!」と止める直言。ダチョウ倶楽部の「押すなよ、押すなよ」を彷彿

公開日: 更新日:
コクハク

NHK朝ドラ「虎に翼」~第9週「男は度胸、女は愛嬌?」#42

【朝ドラのツボ!】

 直言(岡部たかし)の体調が優れない。寅子(伊藤沙莉)と直明(三山凌輝)はマッチ製造の仕事を紹介してもらい、はる(石田ゆり子)と花江(森田望智)は繕い仕事をすることでなんとか生活していた。

 寅子はかつて世話になった雲野(塚地武雅)の事務所を訪ねてみるが、雲野も苦しい生活をしているようだった。

 そんな中、直言がある重要な知らせを寅子たちに隠していたことが発覚する。

【本日のツボ】

東京空襲も玉音放送もすっ飛ばす
 ※※以下、ネタバレあります※※

 電光石火のごとく戦争の時代が終わりました。本日は早くも年が明け、昭和21年に突入、かと思ったら、オープニングの後、もう5月になっていました。

 3月10日の東京大空襲も、よね(土居志央梨)とカフェー燈台のマスター(平山祐介)が店から避難するシーンのみ。焼夷弾の音と遠くに上がる火の手のみで描かれました。さらに、終戦といえばおなじみの玉音放送も流されることなく、7月になっていました。

 このスピードはもはや快感です。東京空襲で逃げまどうシーンも、玉音放送を聞いてうなだれるシーンも、これまでの朝ドラでは何度も何度も見て来たシーンでした。それをあえて描かずとも、戦争がもたらす悲劇、家族の悲しみはきっちりと伝わります。

 直道(上川周平)に続き、とうとう優三(仲野太賀)までも…。直言が寅子に優三戦死の報(しら)せを隠していたのもわかる気がします。

 それにしても、写真の中に隠されていた紙を見つけた寅子に向かって、「見るんじゃない」というあの直言の言葉、あれじゃあ逆に気になって寅子でなくとも見てしまいますよね。ダチョウ倶楽部の「押すなよ、押すなよ」に通じるものがありました。

「名探偵コナン」の阿笠博士、降臨!

 そして、そして。あのマッチの仕事を一緒にしていた白髪のおじいちゃん、「名探偵コナン」の阿笠博士の声優・緒方賢一さんでした。

 なにか寅子の役に立つものを発明してくれるのでは、と密かに期待しております。

(桧山珠美/TVコラムニスト)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代