加護亜依“ラウンジ勤務”報道を速攻火消しも…誤解行動と危うい交友で危機管理のなさ不変

公開日: 更新日:

《撮影時に『ピースして』とせがまれたので、仕方なくその通りにしました。男性の小指がないなんて気づきもしませんでした》(集英社オンラインから)

■暴力団関係者と旅行するママ友

 男性たちが暴力団関係者だったとは分からなかったと弁解した加護だったが、おおむね苦しい言い訳と捉えられているという。

「韓国旅行で撮られた写真には、Wピースする加護の隣に刺青のある男性が映っています。相手を見た瞬間に、明らかにその筋の人物であると認識できるはず。さらにその男性たちは、韓国のホテルで偶然会った子どもの習い事関連のママ友に紹介されたとしていますが、暴力団関係者と旅行するママ友について『どんな交友関係なんだよ』というツッコミが聞かれます」(女性週刊誌記者)

 4月16日放送のABEMA「愛のハイエナ2」に加護が出演した回が70万以上視聴されるなど評判で、デビュー25周年の来年に向けて表舞台での活躍が期待されていた矢先だった。

「自由奔放なところが加護ちゃんらしいですが、2人の子供がいるうえに、誤解されるような行動と怪しい交友関係を絶たない限り、コンプラが厳しい時代にテレビはおろか芸能活動自体が危ぶまれます。ママタレとして活躍している辻ちゃんとのコンビがまた見たいという声が多いものの、加護ちゃんの不祥事が報じられて以降、実現の兆しすらありません」(前出・芸能ライター)

 くしくも加護は28日放送の「愛のハイエナ2」でキャバ嬢デビューしているが、「恋愛レボリューション21」や「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」を熱唱し、一晩で170万円売り上げた。のどの準備は万全な加護と辻希美(36)とのミニモニ。復活を望む声が少なくないが、果たして……。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路