有村架純「月9」ヒロイン決定で飛び交う川口春奈とのバチバチ激突説と旧ジャニ恋人との破局懸念

公開日: 更新日:

「2人は同世代の国民的女優で、常に比べられてきたうえ、昨年12月のTBS系『輝く!日本レコード大賞』の司会をめぐって“因縁”もできたのです。レコ大は近年、女性司会者は2年連続でやるのが通例ですが、22年に務めた有村は1年で“降板”し、昨年は川口が担当しました。川口は昨年『タレントCM起用社数ランキング』で1位になりブレークしましたからね。有村は忸怩(じくじ)たる思いだったはず。今回ヒロインを受けた背景には、演技や視聴率で川口を見返してやろうという“女優魂”もあると見ています」(芸能ライターの吉崎まもる氏)

 その有村といえば、最近、私生活も話題になっている。昨年12月、髙橋との交際を報じられたばかり。18年に一部で、理想の結婚年齢を「30歳くらい」と話していたこともあり、今年2月9日に迎えた31歳の誕生日前後の電撃婚説も飛び交ったが、動きはなかった。それどころか、2人の関係を危惧する声まで出始めているようだ。

「年下の髙橋に比べて、有村は結婚願望が強いとされ、温度差も心配です。今年1月末、髙橋がインスタグラムに、帽子に『END』と書かれたイラストを投稿したこともあり、破局説が邪推され始めました。また今回、月9ヒロインの大役を受けたということは“早期電撃婚”も原則消えたということ。さらに高橋という彼氏がいるのに、同じ旧ジャニーズ事務所(現STARTO ENTERTAINMENT)の目黒と“恋人役”で再共演することも、つい関係悪化の可能性を勘繰ってしまいます」(情報番組デスク)

 夏の有村、川口とのバトルだけでなく、リアルな恋の行方も注目されることになりそうだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」