北村匠海の悲痛告白でファンも初めて知った「誹謗中傷」…数年前から囁かれていたデマの出所

公開日: 更新日:

「その噂と北村さんが今回訴えた誹謗中傷が同じものかは現段階では不明ですが、業界に広まった噂は恐らく、"その手のデマ"だろうと思っていました。でも、本人にしてみれば、たまったものじゃありません。たとえ、その噂が世間に広がっていなくても、このタイミングで声を上げざるを得ないほど、苦しんでいたということでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 "その手のデマ"とは、いわゆる「根拠のない噂」という類のもの。たとえば、つい最近では星野源(43)に関する誤った情報を有名インフルエンサーがさも事実であるかのようにXに投稿し、星野の所属事務所が“法的措置を検討”と表明したばかり。

「インフルエンサーが投稿した星野に関する内容は、1年ほど前からマスコミ業界に広がり始めました。数社の芸能マスコミがその真偽を確かめるために取材も行いました。しかし、全くのデマだということがわかり、全てのマスコミがすでに取材から手を引いています。そんなタイミングでの投稿だったため、星野側を余計に刺激したのでしょう」(スポーツ紙記者)


 一方、北村は冒頭の言葉に続けて「芸能という世界にいるから仕方がない? そうでしょうか? 確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」、「どうかこれ以上、意思を持って誰かを傷つける為に言葉を使わないでくださいね お願いです」とメッセージを重ねている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた