謎のフリー芸人ひょうろくって何者?「水ダウ」3週連続出演で注目された個性派に刮目せよ

公開日: 更新日:

 ひょうろくが注目されたのは、「さらば青春の光Official Youtube Channel」の動画によるところが大きいだろう。

 初登場は、4年前に公開された動画「【襲来】ヤバい奴が事務所に凸してきたのでカメラ回した【変人】」。Twitter(現X)上に「(筆者注:30分後の)17時までに㈱ザ・森東の事務所のインターホンを押せた芸人さんにギャラ1万円差し上げます!」と投稿し行われた企画で、間に合わなかったにもかかわらず爪痕を残したのがひょうろくだった。

 その後もさらば青春の光のYouTube動画にたびたび姿を見せ、ひょうろく自身が投稿した奇妙な“歌ってみた動画”がSNS上で注目を浴びるなど、徐々に知名度を上げていったイメージが強い。

 ひょうろくは鹿児島県出身。サラリーマン経験を経て、高校時代の同級生・橋口ひとしと2012年に漫才コンビ「ジュウジマル」を結成した。早い段階で同じ浅井企画の先輩・流れ星☆の単独ライブの前説を担当するなど期待されたものの、2020年末に解散。相方の橋口は芸人を引退した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた