キンプリ「サブスク&シンデレラガールTV歌唱解禁」にファン大荒れ!フラゲ日売上げほぼ半減

公開日: 更新日:

■フラゲ日売り上げは『なにもの』46万枚→『halfmoon / moooove‼』23万枚に

「2人で守ったキンプリの形と、5人時代の楽曲も大切にしながら、グループとして新たな可能性も模索したいという思いから、サブスクや、テレビでのシンデレラガール歌唱解禁などに踏み切ったことが伺えます。しかし『ファンのために』とやればやるほど、それぞれのファンの間で物議を醸してしまうのが辛いところでしょうね」(音楽事務所関係者)

 現体制になって以降、2人は大切なデビュー曲の「シンデレラガール」を、ファンにライブで直接届けたいとの理由で、さまざまな番組からオファーはあったもののテレビ歌唱を1年間封印してきた。

「《自分たちの曲なのに、テレビで歌うだけで色々言われて可哀想》という声もあり、『シンデレラガール』のテレビ初歌唱については擁護意見が多い印象ですが、5人時代の楽曲のサブスク解禁については、今のキンプリファンからも、《まず2人の曲で勝負してからの解禁の方がいいと思う》という冷静な声も上がっています」(同)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた