著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

公開日: 更新日:

 松下は役者としては、この4月期の連続ドラマ『9ボーダー』(TBS系)に川口春奈と恋に落ちる記憶喪失の青年を演じている。だがこちらも初回から大苦戦、松下は出演番組が立て続けに数字が取れない状態に陥っている。『9ボーダー』の脚本は、『恋はつづくよどこまでも』や『着飾る恋には理由があって』で好評を得ている金子ありさ氏のオリジナルで、前評判も高かっただけにこの視聴率の低さは想定外だろう。また新垣結衣(35)からバトンを受け継いだ「お疲れナマです」の通称"マルエフ"、『アサヒ生ビール』の売り上げも頭打ちとなれば、周囲から"賞味期限切れ"が囁かれても仕方のないのではないか。

 もちろん、全てが松下のせいではないにせよ、この立て続けの数字の悪さは"運が悪い"としか言いようがない。

■「光る君へ」で吉高由里子との黄金コンビが復活

 松下の不振を深刻の受け止めているのは、5月26日放送分から松下がサプライズ登場するNHK大河ドラマ『光る君へ』のスタッフたちだ。NHKは脚本を担当する大石静氏と話し合いを重ね、オリジナルキャラクターを作り上げ、中盤での盛り上がりに満を持して登場させるのが松下という展開に大幅な期待を寄せているという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで