著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

舘ひろしがチョイ役出演者に見せた大感動の気遣いには男が惚れた

公開日: 更新日:

 一方、「あぶない刑事」を見ていた世代もかなり年配になっている。わざわざ映画館に足を運ぼうというには“おっくう”な年齢かもしれない。だが、白髪頭の舘ひろしが今もダンディーな姿を見せてくれると、こちらまで元気な気分になる。

 僕自身も舘に大きな気遣いをしてもらったことがある。実は、僕はあぶない刑事の映画にほんのチョイ役ながら出演させてもらった(05年「まだまだあぶない刑事」)。もちろん、リポーターが本職の僕が出るのだから、当時レギュラー出演していたワイドショーで時間を取って映画を扱う約束だった。僕は厚かましくもエンドロールに城下の名前を出してくれと頼んで参加した。その際、柴田恭兵から「ヘタな小芝居、いらないからね」と“演技指導”をいただいたのもいい思い出だ。

 その後、主題歌のレコーディングの席で映画プロデューサーから「エンドロールに名前を入れるのを忘れた。編集も終わったので勘弁して」と言われたのだが、厚かましいお願いだったこともあるし、「大丈夫です」と僕は答えた。

 そんなやりとりを舘が耳にしていたようだ。後日、プロデューサーが「編集しなおして名前を入れる」と言ってきたのだ。どれくらいの追加製作費や時間がかかったのだろうか……。舘が「約束は約束だ」と意見したそうで、彼は僕にわかられないように配慮してくれたようだ。

 そんな人物だからこそ何年経っても主要キャストが集まってくるし、スタッフたちもイベント成功に尽力してくれるのだと思う。まさに彼の人柄で人が集まるのだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路