中尾彬さんと愛妻・池波志乃 “夫唱婦随“で”婦唱夫随”の33年…おしどり夫婦が続いた秘訣

公開日: 更新日:

 そんな節度ある池波を中尾さんは生涯、大切にしていたようだ。

 芸能リポーターの小柳美江さんがこう振り返る。

「志乃さんとご一緒にイベントなどに出演されたとき、それってオノロケですよねと突っ込みたくなるような場面がいくつもありました。あくまで遠回しな言い方で、ストレートではないのですけど、本当に大好きなんだなあと伝わってきたものです」

■「オレはカミさん以外いらない」と断言

 夜の報道番組の生放送にコメンテーターとして出演したときは、こんなエピソードも。

「番組のエンディングで、中尾さんはカメラに向かって、お寿司屋さんの店名を挙げて『このあと、そこで待っているから』って。スタッフ、出演者があぜんとする中、番組が終わってしまったのです。だって、それは志乃さんにだけ送られたメッセージ、テレビ電話にしちゃったのですから」(小柳さん)

 中尾さんが池波との共著「終活夫婦」(講談社)では毎晩、池波の料理を肴にふたりで晩酌を楽しみ、2時間なんてあっという間に過ぎていくとしていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで