著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。2022年12月、「帰郷」(天童よしみ)で第55回日本作詩大賞受賞。

「やっぱり本物のジョイスさんがいいね」に安堵したビルボードライブ東京の夜

公開日: 更新日:

 NHK紅白歌合戦で歌う〈AI美空ひばり〉に賛否両論が巻き起こったのは、コロナ禍直前の2019年末。あれから4年半、あのAIひばりより格段に自然な声の響きで歌もうまいソフトが、今なら1万円ちょっとで買えます。どれほど歌がうまいかというと、〈仮歌さん〉の素性を知らなかったジョイスが、ライブ当日にぼくから真相を聞かされた瞬間、驚いて白目をむいたほど。「どんな人が歌っているの?」と訊かれるたびに、東京で会わせてあげるよと、ぼくははぐらかし続けてきたのだった。彼女は日本語歌詞を憶えるために、デモを聴き込むのに加えて何度も書き取りをくり返していたそう。そこまで耳に馴染んだ歌声の主がAIだと知ったら、そりゃ驚くよなぁ。ぼくのささやかな〈ドッキリ〉は成功したというわけである。ジョイスは「テクノロジー!」と叫んで笑った。

 先日、酒場で会った音楽とは無縁の御仁にこの歌声合成ソフトの話をしたら「冷凍食品の加工技術は日進月歩、みたいなもんですか」と忌憚のない感想を聞かせてくれた。返答に詰まっていると、御仁は「失礼なたとえでしたか」と申し訳なさそうな表情をみせる。いや、そうではなくて、と返したぼくは、目の前にあった乾き物を指して言った。いちどビーフジャーキーにした牛肉を生に戻す、くらいの試みです。「そんなもの、おいしく食べられますか?」さあ、どうでしょう。ぼくがお茶を濁したところで話題が変わった。

 さて、その日2回行われたジョイスのライブは大盛況だった。「ジョイスさんなら」と父親の関わる仕事をめずらしく観に来たぼくの子どもは、自宅で父親が聴く〈AI仮歌さん〉のデモに耳が慣れている。そんな子たちが「やっぱり本物のジョイスさんがいいね」と満足げなのに深い安堵を覚えたぼくである。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで