著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。2022年12月、「帰郷」(天童よしみ)で第55回日本作詩大賞受賞。

「やっぱり本物のジョイスさんがいいね」に安堵したビルボードライブ東京の夜

公開日: 更新日:

 90年代生まれのジョイスが初めて夢中になったアーティストは、今春のスーパーボウル・ハーフタイムショウでの千両役者ぶりも記憶に新しいアッシャー。と書きつつ、どれだけの読者にご理解いただけるか心もとないが、アメリカR&Bシーンの頂点であり、マイケル・ジャクソン~マーヴィン・ゲイ的存在です。ジョイスが人生で最初に手に入れたCDは、そんなアッシャーの2001年の『8701』だそう。同作収録のグラミー賞受賞曲「U Remind Me」の日本リミックスを手掛けていたぼくとしては、それだけでもジョイスとの音楽的な縁を感じずにはいられない。だから、今回の再来日公演にあたり彼女からコラボを持ちかけられてもさほど驚かなかった。ついにその時が来たかという感慨のほうが大きかった。

 こうして、2016年に初めてラジオでかけた彼女の曲「Do You Love Me」の日本語詞バージョンを作ることに。原曲の英語詞を細かく分析してすべての母音を拾うところから始めるのがぼくの訳詞法。英語の音韻だからこそ生まれたグルーブを、日本語でいかに再現できるかが腕の見せどころ。これを書きあげたら、ジョイスからネットで送ってもらったカラオケに仮歌をのせて返送する。ほんの数年前までは〈仮歌さん〉選びに結構な時間を費やすのが当たり前だったが、今ぼくはもっぱら歌声合成ソフトウェア頼みである。人間らしくリアルな声での歌唱が可能な、最新のAI技術で開発されたソフトに「歌わせる」のだ。驚く方もいるだろうが、日本の音楽制作者の間で最早このやり方は珍しくもない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路