芸能リポーターが中尾彬さんの死を悼む…囲み取材での気遣い、おしどり夫婦の絶妙距離感

公開日: 更新日:

「本当に無意識に、奥さんを嫌みなく褒めるところが昭和世代には珍しく、“おしどり夫婦”と呼ばれたゆえんだと思います。実際は夫婦べったりでもなく、いい距離感の夫婦のお手本のようでした。志乃さんのお父さまの金原亭馬生師匠に相当頭を下げて結婚を許してもらったことも背景にあったと思います。同時に“やさしくて、いい男”の品格を保っていたのは、志乃さんのお膳立てがあったからこそ。ギリギリまでお元気で、現役のまま旅立たれたのも志乃さんの采配あってのことでしょう」

 妻の池波は「あまりに急で、変わらない顔で逝ってしまったので、まだ志乃~と呼ばれそうな気がします。かないますならば、中尾彬らしいね~と笑って送ってあげてくだされば幸いです」とコメント。映画ドラマでは重厚感ある役柄で存在感を発揮。己の流儀を貫いた粋人は大好きな眺望のなか、自宅での最期も愛妻に看取られた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路