為末大氏「20歳以上下の異性の友人推奨」投稿でアカウント凍結…何が問題視されたのか?

公開日: 更新日:

 スポーツコメンテーターとしても活躍する元陸上選手の為末大氏(46)のⅩ(旧ツイッター)のアカウントが今月21日までに凍結された。

 18日に「50歳以降で多様性理解のために一番おすすめなのは『20歳以上下の異性の友達を作る』だと思っています」とポストし、ユーザーからは《50代の男が20代の女と付き合えると思うな》《同性ではだめなの?》などと批判が殺到。

 一方、アカウント凍結後は《為末大はあさはかだとは思うが、アカウント凍結されるほどのひどい発言したとも思えない。逆にXこえーわ》《凍結されるほどなのかは知らんけど、何故「20歳以上下」で「異性」なのか》などと、凍結の理由に注目が集まっている。

 フォロワー50万人を超える人気のアカウントだが、投稿から3日も経たずの凍結は珍しい。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「ⅩやインスタグラムはAIだけではなく、炎上した投稿にはスタッフが目視でもチェックしていると聞きます。違法な画像が添付されていない限り、文字だけの投稿の場合は解釈が多様ですから、一発アウト(凍結)はあまりないです。まずは警告を伝える流れになりますから、余程公序良俗に反する内容とみられた可能性があります」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽