二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

公開日: 更新日:

 3人の元NHKアナが新しい番組の司会に就任して1カ月半、三者三様の課題が見えてきた。

 今年2月にNHKを退局。4月からフジテレビの報道番組「イット!」のMCに就任した青井実(43)。フジの期待を一身に受け夕方のニュース戦線に切り込んだが、最近は4%を割るなど視聴率は下落気味。日本テレビテレビ朝日TBSに次ぐ4番手と定位置からの脱出ならずにいる。

「定時のニュースは視聴習慣が顕著に出る。よほどの大物でない限り司会者の名前でニュースを見る人は少ない。青井の名前では無理があった。フジはその判断が甘かったと思う」(テレビ関係者)

 課題すらも見つからないのが現状だろうか。

 TBSの人気番組「サンデーモーニング」を36年にわたり司会を務めた関口宏が高齢もあり3月に勇退。代わって司会者に就いたのがキャスターの膳場貴子(49)だった。

 膳場は東大からNHKに入局。朝のニュース番組などを担当していたが、さほど目立つ存在ではなかった。在籍9年で退局。その後TBSと専属契約を結んだ。筑紫哲也の「NEWS23」のサブを経て今年の3月まで「報道特集」のキャスターを務めていた。「キャスターはタレントとは違う」が信念という膳場。私生活を自ら語ることはない。わかっていることは2度の離婚歴。現在、3人目の夫との間に子供がいることくらい。画面からは生活感を感じることはなく、ママになった今も、キャスターとしての存在感は十分。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽