芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

中森明菜「女優復活の条件」 撮影時の"明菜ルール"をこなせる技量持つスタッフはいるのか

公開日: 更新日:

 活動再開が注目されている中森明菜(58)の所属事務所が「歌手、声優、俳優などご縁がある限り、前向きに検討させていただければ……」と回答したと9日付『スポーツニッポン』が報道したことで、明菜の周辺をより一層騒がしくさせている。

 明菜は今年4月、公式YouTubeチャンネルでジャズバージョンのセルフカバー4曲の歌唱動画を立て続けに配信してかつてのファンを感涙させた。さらに7月13日の59歳の誕生日にファンクラブ会員を対象としたイベントを開催することも発表。こうした動きを見る限り、本人の努力もあり、体調は日々回復に向かっているとようだ。

 あれだけの歌唱力を持つ歌姫の復活を心待ちにしているファンはたくさんいるが、スポニチの取材に事務所が「声優、俳優なども前向きに検討……」と答えていることから、明菜は"歌手以外"の活動も視野に入れていることが伺い知れる。事務所は「現時点での予定はない」と改めて日刊スポーツの取材に答えているが、一度“前向きに”と答えた明菜をテレビ各局が放っておくはずはないだろう。

 中でも『古畑任三郎』シリーズの記念すべき第1話のゲストに中森を起用した脚本家・三谷幸喜(62)は中森の復活に、自らがMCを務める「情報7daysニュースキャスター」(TBS系、4月20日放送)で「芝居も素晴らしい」と、その才能を絶賛してみせた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽