「第7世代」席巻の若手演歌界は戦国時代突入で紅白狙い虎視眈々 シン氷川きよしも戦々恐々?

公開日: 更新日:

 歌手活動を休止中だった氷川きよし(46)が所属事務所からの独立と、今夏の本格始動を発表。それにより、早くも大みそかのNHK紅白歌合戦への復帰が音楽関係者間で囁かれている。

「年々、視聴率が取れない演歌・歌謡曲勢の枠が減っているが、氷川の紅白復帰ステージとなれば注目度が高い。目玉がほしいNHKにとっても渡りに船でしょう」(音楽関係者)

 演歌歌手にとってNHK紅白の舞台は特別なものだが、復帰した氷川に“壁”として立ちはだかるのが“演歌第7世代”と呼ばれる、いずれも紅白初出場を目指す歌手たちだという。

 そのうちのひとりで、氷川が独立した事務所の後輩だった辰巳ゆうと(26)は先日、都内で新曲「迷宮のマリア」の発売記念イベントを開催。その際、「昨年初めて紅白を意識したけど出場することができず悔しかった。今年はこの曲で大みそかにNHKホールで“マリア”と叫びたい」と意気込んだ。

 同世代の歌手では、新浜レオン(28)が3月にとんねるず木梨憲武(62)プロデュース、タレントの所ジョージ(69)が作詞・作曲の新曲「全てあげよう」をリリース。演歌歌手の吉幾三(71)の愛弟子の真田ナオキ(34)は今月、師匠が作詞・作曲した新曲「246」をリリースする。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代