“推し活”が駅周辺広告の「空き枠」を埋める 市場規模どんどん拡大、業界の救世主に

公開日: 更新日:

今や屋外・交通広告費の約10%に

「コンサートやイベントが次々と中止になり、お金の使い道がなくなってしまった“推し活ロス”を救ってくれたのが応援広告でした」(ボーイズグループのファン)という声もある。

 都内近郊だとB0判で3万円後半から5万円程度。2枚連なる大々的なもの、LEDポスターまで選択肢もさまざま。作製までの流れは、申し込み、タレント事務所の許諾確認、データ作成となっており、タレント事務所側も素材提供についてホームページに説明文を掲載するなど協力的だ。

 ある代理店では現在、応援広告の受け付けを一時休止中。「担当者が1人しかおらず、出稿未経験のお客さまに対応すべく、レギュレーションを整えてから再開する予定です」と、対応に追われている様子。ジェイアール東日本企画の調査によると、市場規模は推計377億円(2023年度)、前年度の約1.16倍(約52億円増)にまで拡大。なんと屋外・交通広告費の約10%を占めるというから驚きである。ジェイアール東日本企画のチアリングアドオンラインでは、申し込みから決済までの多言語対応、新たな媒体の拡充などサービスを手厚くする予定だという。

 “推し活”市場はますます拡大している。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで