親子関係で苦労した高橋一生に三浦春馬さんを想起する声も…結婚で貫いた「干渉されない生き方」

公開日: 更新日:

 母親に振り回されて生きてきた高橋は、他者に干渉されず、自分らしい生き方を貫こうとする発言が実は多い。20年1月22日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際は、恋愛で自分の思惑通りに相手を誘導するテクニックを披露した。また、自らのことを「ドS」と述べ、日刊スポーツのインタビューでも「僕はものすごく面倒くさいですよ。細かいこだわりが随所にありすぎて。好きになった人が、タイプです。一番女性に嫌われるパターンだと思います」と自己分析している。

「高橋さんは他者に期待せず、特に女性に好かれようとしていない感じを貫いており、そういったニュートラルでどこか影のある感じが逆に女性の母性本能をくすぐっていたのだと思います」(同)

 そんな浪費癖のある母親に振り回されて生きてきた高橋に、飯豊はぴったりの相手だと見る向きが多い。18年11月7日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、藤田ニコル(26)が飯豊について「お金すごい持ってる」「お下がりをいつもたくさんもらっていた」と言及していたことがあった。ひたむきに努力しながら、おっとりした良い意味でガツガツしていない飯豊の雰囲気も相まって、真っ直ぐ育ったお嬢様タイプという印象も強い。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路