朝ドラ「虎に翼」ウラの見所~朝ドラヒロインは「大日本国防婦人会」と揉めるのがお約束

公開日: 更新日:
コクハク

NHK朝ドラ「虎に翼」~第8週「女冥利に尽きる?」#36

【朝ドラのツボ!】

 結婚した寅子(伊藤沙莉)は弁護の依頼も来るようになり順調な日々を送る。

 ある日、手伝いとして働くよね(土居志央梨)と共に、子の親権を義父と争う女性の依頼を引き受ける。

 両国満智(岡本玲)は夫に先立たれ、しかも亡き夫の子を妊娠中。金策に困り果てて夫の友人を頼ったが、「著しき不行跡」として義理の両親から訴えられた。

 彼女の味方として張り切る寅子だったが、そんな寅子を優三(仲野太賀)は心配していた。

【本日のツボ】

大日本国防婦人会
 ※※以下、ネタバレあります※※

 今週は昭和17年1月からのスタートです。花江(森田望智)が「大日本国防婦人会」のたすきをつけていたのは、いかにも、という感じがします。これまでの朝ドラでは、戦争が絡むと必ず、ヒロインまたはその周辺と国防婦人会が揉めるのがお約束でした。

 前作品の「ブギウギ」でも、茨田りつ子(菊地凛子)が派手過ぎる服装を注意され、揉めたのは記憶に新しいところ。「カーネーション」ではミシンを取り上げられました。なので、朝ドラ視聴者は、大日本国防婦人会と聞くと、反射的にピキッとしてしまう傾向にありますが、よもや身内にいるとは! 寅子と花江が揉めなければいいのですが…。

 2021年のNHKスペシャルで、「銃後の女性たち~戦争にのめり込んだ“普通の人々”~」という「国防婦人会」の女性たちを描くドキュメンタリーがありました。それによれば、女性たちが国策に利用されていたのでは、ということでした。

 これまで、社会で必要とされて来なかった女性たちが、国防婦人会の活動をしながら、社会で必要とする喜びを知ったことで張り切った、と、そんな見方もあるようでした。

 寅子が優三を前に、「あ~、もういつになったら女の人ばかりがつらい思いをする世の中が終わるのかしら」と嘆く場面もありましたが、お国のために、と、疑うことなく活動していた国防婦人会。花江がのめり込んでいきそうで、ちょっと怖いです。

岡本玲は15分の間に豹変!

 怖いといえば、寅子のおかげで裁判に勝った依頼人の両国満智が豹変したのは怖かったです。「女が生きていくためには悪知恵が必要だって。フフフ、これからも頑張ってくださいね。フフフ」ですから。

「これは明らかな過失。失態だ。君の失態が、誰かの人生をつまずかせてしまったことを反省すべきだ」とめずらしく雲野(塚地武雅)弁護士も強い口調で注意していました。

 それにしても、弱い女性のためにと頑張った寅子なのに、「やっぱり女性の弁護士さんって手ぬるいのね」はひどい。岡本玲、キライになりそう(笑)でした。

 時を戻して、寅子に「寅ちゃん、深呼吸。決めつけて突っ走ると思わぬヘマをするから」と言ってくれた優三はさすがです。

 寅子の一番の良き理解者。未だ「社会的地位を得るための結婚」で、優三は寅子には指1本触れていないようですが…。

 寅子が優三を意識しているのは明らか。明日あたり…。期待しましょう。

(桧山珠美/TVコラムニスト)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず