今田美桜の「ナースのお仕事」待望論も…リメーク版「花咲舞」健闘は“親切設計”にあった

公開日: 更新日:

 2014年4月期と15年7月期に日本テレビ水曜夜10時枠で放送された「花咲舞が黙ってない」が、今田美桜(27)主演のリメークで日テレの新ドラマ枠「土ドラ9」の第1弾として登場。18日放送の第6話の平均視聴率は世帯7.5%、個人4.5%だった(関東地区=ビデオリサーチ調べ)。

 初回放送後、ネット上では《花咲舞というと、どうしても杏さんのイメージから離れられない》《いや、今田美桜もよくやっているし、シンプルに面白い》など賛否両論あったが……。

TBSの超ヒットドラマ『半沢直樹』の池井戸潤さん原作で、“女性版半沢直樹”とも言われた杏さん版のイメージを引きずる人が多いのは確かです。それでも、花咲舞というキャラクターの強さはキャストが変わっても魅力的だったのでしょう」(テレビ誌ライター)

 キムタク主演の「Believe」、山P主演の「ブルーモーメント」など視聴率が右肩下がりのドラマも多い中、世帯7%台、個人4%台をキープしているのは十分健闘と言えるだろう。

 11日放送の第5話では“半沢直樹”も登場。TBS日曜劇場「半沢直樹」で強烈な印象を残した堺雅人(50)の代わりに誰が演じるのかでネット上を騒がせ、放送でそれが劇団ひとり(47)だったことが判明すると、《なんかイメージと違う》《コントにならないように頑張ってる》《キスマイ宮田がやるのをちょっと期待してたけど、これはこれでハマる》などなど大いに盛り上がっていた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず