“浪速のモーツァルト”キダ・タローさん逝去 関西のテレビ番組の“らしさ”を演出した大功労者

公開日: 更新日:

 “浪速のモーツァルト”の愛称で知られる、作曲家のキダ・タローさんが14日に逝去したことが明らかになり、悲しみが広がっている。

 3月29日に最高顧問を務める「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ)収録後に転倒し大阪府内の病院に入院。その後自宅療養していたが体調を崩し、そのまま帰らぬ人となった。享年93。

 兵庫県宝塚市出身で、関西学院大学を中退し、ピアニストとして活動。作曲家として、かに道楽の「とーれとれピーチピチ、かに料理~♪」、豚まんの蓬莱の「551のほ~らい」などのCM、「プロポーズ大作戦」「ラブアタック!」(ともにABCテレビ、テレビ朝日系)などテレビ・ラジオ番組のテーマソングや、商品や番組の“顔となる曲”を数多く生み出した。その数“自称”5000曲とする適当具合に関西人らしさがうかがえる。同志社女子大学教授(メディア論)で元テレビプロデューサーの影山貴彦氏がこう言う。

「関西のテレビ業界では皆“キダ先生”と呼んでいました。僕は局内ですれ違う程度でしたが、この“センセ”という呼び方は、関西人の親愛の気持ちとリスペクトを込めた意味があり、キダ先生の人柄が偲ばれる。親しみ深いメロディーラインは今聴いても古さがなく、バラエティー番組の<テーマ→オープニング→本編>の形でキダさんの曲が“つかみ”になる。また、関西ローカルではタレントとして、ユーモアと時に毒舌で核心を突くコメントで、話術も卓越していた。私はABC放送の番組審議会委員長もしているのですが、あうんの呼吸で繰り出される、年齢を感じさせないトークはよく話題になりました。まさに“関西らしさ”を演出する関西番組の大功労者であることは間違いありません」

 22年から円広志が社長を務める「オフィスとんで」に美千代夫人と夫婦で所属。5000曲のキダ作品は今なお多くの人に愛され続けている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代