著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。2022年12月、「帰郷」(天童よしみ)で第55回日本作詩大賞受賞。

「五感で愉しむR&B」が一夜限りの復活 6が並ぶメロウな木曜日、ぜひ六本木に足を運ばれたし!

公開日: 更新日:

■「世界一ラグジュアリーなソウルバー」

 07年にかのスティーリー・ダンがこけら落としを務めて以来、バート・バカラック、井上陽水といった錚々たるアーティストが立ってきた国内屈指のラグジュアリーなステージに、まさかのアップグレードときたもんだ。同所は3フロアの吹き抜け構造にして、客席はおよそ300。そんな空間で「ぼくのリビングルームにようこそ」と言い張るのはさすがに無理筋だろう。再開にあたってはコンセプトを「世界一ラグジュアリーなソウルバー」と上方修正した。

 それでも「場が持たないよ~」と弱音を吐くぼくを慮ってくれた久保田利伸、鈴木雅之、黒沢薫(ゴスペラーズ)といったこの国のR&Bの大立者から若手実力派ミュージシャンまでが、次々とサプライズ出演を買って出てくれたおかげで、夜間授業はなんとか再び軌道に乗る。最終回にたどり着いたのは、なんと開講から3年半後の22年5月だった。

 ところでこのイベントをなぜ〈夜間授業〉と呼ぶのか。話は17年にさかのぼる。ジャンルを越境する批評活動で知られる片山杜秀・慶應大学教授が、夜の文藝春秋社屋を教室がわりに「日本の近・現代史100年を彩った11人の思想家」というテーマの〈大人の夜間授業〉を展開していたのは、知る人ぞ知る話。ぼくは受講者のひとりだった。その企画者である西川清史・文春副社長は程なくして同社を退職するが、19年、フリーのプロデューサーに転身した彼が「松尾さん、次は講師をやってみませんか」と声をかけてくれたんですね。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路