夫・長渕剛に引退説、志穂美悦子はシャンソン歌手デビュー…夫唱婦随がいつの間にか“婦唱夫随”に

公開日: 更新日:

 シャンソン歌手「鬼無里(きなさ)まり」の芸名でデビューする、元女優の志穂美悦子(68)が話題だ。

 故・千葉真一主宰「JAC」に所属し、真田広之らとアクションで一時代を築いたが、歌手長渕剛との結婚を機に芸能界から遠ざかっていた。昨今はフラワーアレンジメントで再び脚光を浴びていたが、歌手としても、銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」に20歳の頃から出入りしていたそうだ。日刊スポーツによると、シャンソン歌手でのデビューは自分の人生、経験を歌える年齢になったからと決意。初ステージは6月で、音楽評論家で作詞家の湯川れい子さん(88)提唱の、歌い継がれる大人の歌「エターナルソング」のコンテスト受賞作品お披露目のコンサートだ。そのアーティスト写真は今も欠かさず続けているという筋トレの成果もあってか、引き締まり、若々しい。芸能リポーターの小柳美江さんはこう言う。

「わたしも志穂美さんと同い年で、20代の頃、よく銀巴里に行っていました。時間制限もなく、昼夜入れ替えで、いろんなシャンソン歌手の皆さんの歌声に酔いしれたのを覚えています。志穂美さんが大好きというシャンソン歌手、金子由香利さんはわたしも一番好きで当時から大人気。金子さんご出演の日は店の前に行列ができていたんですよ。そんなステージに立ち、また、シャンソン歌手のプロとして新たな一歩を踏み出そうというのは驚きとともにあっぱれですね。昨年の紅白に68歳で返り咲いた伊藤蘭さんといい、美貌、スタイルも変わらず、まだまだこれからと思わせていただきました」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽