くりぃむしちゅー有田哲平が放つ「プロデュース力」 “引きの美学”で松本人志の穴を余裕でカバー

公開日: 更新日:

 折り紙付きの東野、大吉と肩を並べる有田だが、業界内では有能プロデューサーとしても有名だ。くりぃむのレギュラー番組では、相方の上田晋也(54)が単独で司会を務めることが多いため、有田はレギュラーメンバーとともに着席する立場にいる。しかし、「くりぃむナンタラ」(テレビ朝日系)では上田と企画、「全力!脱力タイムズ」(フジ系)では総合演出も兼務する二刀流だ。

「全力!──」でその才覚を発揮したのは、19年12月度の「ギャラクシー賞」月間賞を受賞したアンタッチャブル復活の回。芸人ゲストとして出演していた柴田英嗣(48)に内緒で、相方の山崎弘也(48)をブッキング。公の場で10年ぶりに対面させて、打ち合わせなしのまま漫才をさせた。山崎と一部のスタッフしか知らなかった壮大なドッキリにSNSは沸き、アンタッチャブルは電撃復活した。

 このサプライズは山崎と有田が公私ともに親しい間柄だったことで実現したが、縁のない芸人の才能を開花させたこともある。バイきんぐ小峠英二(47)だ。バイきんぐは「キングオブコント2012」で優勝し、小峠は15年に「有田チルドレン」(TBS系)で単独で民放初レギュラー。有田に次ぐ2番手の“専属スカウトマン”の立ち位置で、裏回しのテクニックを披露した。後継番組の「有田ジェネレーション」(同)では、“進行”に昇格。粗削りな芸人に対して大声で「おーいっ!」とツッコむ“キレ芸”を確立させて、現在の礎を築いた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路