ついに氷川きよし再始動!「最大の障壁」消滅か…新会社設立&25周年記念ツアー開催の裏読み

公開日: 更新日:

 昨年の元日から歌手活動を休止していた氷川きよし(46)が、ついにGW前に再始動した。

 所属する長良プロダクションを3月31日で退所し、新会社「KIIZNA(キズナ)」を設立したことを発表。また、8月16日に東京ガーデンシアターで開幕する25周年記念コンサートツアー(3カ所5公演)で、ステージに復帰するという。

 さらに、10月から全国4都市で25周年記念劇場コンサートツアーを開催することを今月1日に発表したのだ。

「所属事務所は氷川の独立を阻止するためなのか、新芸名にすると思われていた『KIINA』と『Kiina』で昨年5月に商標登録を出願。ところが、現在まで認められていないのです。おそらく、このまま認められないメドが立ち、支障がなくなったので氷川も再始動したのでは」(スポーツ紙芸能記者)

 特許庁のデータベースによると、「氷川きよし」に関しては2013年8月に登録され、今年2月に更新されている。一方、「KIINA」と「Kiina」に関しては、今年3月1日付で同事務所あてに拒絶理由通知書が送付されているが、どういうことか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた