山里亮太が“好感度バブル”崩壊で大ピンチ…日テレ「DayDay.」視聴率不振の“戦犯”扱い

公開日: 更新日:

 日本テレビ系の朝の情報番組「DayDay.」のMCを務める南海キャンディーズの山里亮太(47)が大ピンチだ。昨年4月からスタートした同番組の視聴率が上向かず、現在、共にMCを務める元NHKアナの武田真一(56)と日テレアナの黒田みゆ(25)の中で、山里だけが外されかねない危機に陥っているというのだ。

「現代ビジネス」は5日、〈「そもそも朝から見たくない…」『DayDay.』低迷の原因、と批判されている「MCの名前」と「破格のギャラ」〉との強めのタイトルで、同番組の視聴率不振の原因が山里にあること、そして年間約1億5000万円という山里の高額ギャラについて伝えている。

「数字が上向かないと早ければ10月、遅くとも来年3月には山ちゃんだけ降板という話が出ています」という局員のコメントも掲載している。  

 別の日テレ関係者はこう話す。

「番組開始から1年経ちましたが、9時スタートの情報番組という視聴習慣は根付かず、直前の『ZIP!』は世帯で4~5%ありますが、『DayDay.』の時間になると2~3%と約半分にダウンしてしまいます。8時からやっているテレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』やフジテレビの『めざまし8』にチャンネルを替えられてしまうんです。また、日によっては、独自のバラエティー路線で、2~4%くらいは数字があるTBS『ラヴィット!』にさえ負けてしまうこともあります」

 しかし、山里が完全な“戦犯扱い”とは、話は穏やかではないのだが、実際のところどうなのか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた