著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

本田翼がドラマ“掛け持ち出演”で女優開眼!「棒読み」から難役もこなす急成長ぶりをナゾ解き

公開日: 更新日:

 4月期の連続ドラマに掛け持ち出演している本田翼(31)に、「前代未聞の春の珍事!」とドラマ関係者が色めき立っている。

 昨年1月期に好評を得た高橋一生(43)の主演ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱」(テレビ朝日系)の続編「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」と、山下智久(39)の主演ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)に出演中の本田が、以前の彼女では考えられないくらい視聴者の好評を得ているのだ。

 特に視聴率が初回に8%台後半(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した「ブルーモーメント」は山下の5年ぶりとなる民放地上波連ドラ出演という話題性もさることながら、その山下の“自然災害で亡くなってしまった元婚約者”という難しい役どころを演じている本田の存在感が心に刺さるともっぱらなのだ。

「山下の婚約者というキャスティングはかなり難航したようです。30代の主演級の女優というのが一応の目安だったのですが、山下との空気感や相性、5年ぶりの連ドラ出演という話題のプレッシャーなどが加味されて、最終的に選ばれたのが本田だったと聞いています」(テレビ関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路