山下智久「ブルーモーメント」の既視感は計算ずく? “何をやっても山P”ブランド戦略の吉凶

公開日: 更新日:

 山下智久(39)が主演を務める、フジテレビ系水10ドラマ「ブルーモーメント」の第1話が、24日に放送された。平均視聴率は世帯8.6%、個人4.8%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と、まずまずの好発進。22年4月に水10ドラマが復活して以降、歴代トップを記録し、「さすが山P」と評価を上げている。

 本作は、小沢かな氏の漫画「BLUE MOMENT ブルーモーメント」の実写ドラマ化したもの。山下が民放の連続ドラマで主演を務めるのは19年4月期の「インハンド」(TBS系)以来5年ぶり。フジテレビのドラマでは、劇場版も制作されるほどのヒット作となった「コード・ブルー」以来7年ぶりとなる。一方で視聴者からは《コードブルーとTOKYO MERを足したみたい》と、肝心のストーリーや演出には既視感を覚える要素が多いといった声が出ている。

■音楽制作もコード・ブルーを手がけた佐藤直紀氏

「過去に何かを抱え、無愛想だが真摯に仕事と向き合うという特徴や、救急ヘリに乗って救助に向かうというキャラクターやストーリーの要所だけ見ると、確かに山下さんがコード・ブルーで演じた、藍沢先生のようだという感想が目立ちます。今作の音楽制作もコード・ブルーの音楽を手がけた佐藤直紀氏ですし、フジの看板作品であるコード・ブルーをあえて意識させ、コード・ブルーファンにも見てもらいたいという思惑もあるのかもしれません」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽