山P「ブルーモーメント」&キムタク「Beleve」ともに初回好発進…テレビコラムニストはどう観た?

公開日: 更新日:

 山下智久(39)の5年ぶり民放ドラマ主演作「ブルーモーメント」(フジテレビ=水曜夜10時)が24日にスタート。世帯視聴率は8.6%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と、2022年4月クールに再開した“フジ水10”枠で最高の数字での発進となった。

「タイプが異なる作品とはいえ、これまで水曜10時に視聴率を分け合ってきた日本テレビがドラマ枠を移動したことも影響していることは否めません。とはいえ、全体的に視聴率が低落傾向にある中で、“合格点”とも言える数字なのは間違いない。関係者はホッとしているようです」(広告代理店関係者)

 山下が演じるのは、気象災害から人命を守るために活動するSDM(特別災害対策本部)の気象班統括責任者を任命された、天才的な気象研究官。

 初回放送後のネット上では、《待ってました山P! 相変わらずかっこいい》《「コードブルー」と「東京MER」を合わせたような感じで、緊迫感もあってよきよき》などなど、好意的な意見が多く見られた。

「山下さんが主演した連ドラ『コードブルー』シリーズ(2008~17年フジテレビ)は、若い医療従事者たちの群像劇としても魅力的でした。一方、『ブルーモーメント』は、かつての“キムタクドラマ”に近い雰囲気がしますね」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽