どちらが“将来の天皇”の注目度 愛子さまは園遊会で猫談義、悠仁さまは玉川大訪問が話題に

公開日: 更新日:

 23日、天皇皇后両陛下の長女、愛子さまが“デビュー”したのが、赤坂御苑で催された春の園遊会。毎年、春と秋の2回開催される園遊会は、内閣総理大臣や衆参両院の議長など行政、司法、立法機関の要人などのほか、各界の功労者が招かれる恒例行事だ。

 今年初参加の愛子さまが猫談義に花を咲かせたのが、招待客の一人、美術家の横尾忠則氏。横尾氏が飼い猫について「ぷくぷくに太っています」と話すと、「幸せな猫ちゃんですね」と語り掛けられるなど、愛子さまの社交ぶりが話題に。

 今年開設された宮内庁の公式インスタグラムでも、園遊会の様子がアップされ、天皇皇后両陛下をはじめ秋篠宮ご夫妻など皇族方が歓談される様子が映し出されている。能登半島地震の被災地を訪問された両陛下のご活動の様子を中心に、皇居の自然や宮殿についての動画がアップされるなど、宮内庁の公式インスタはすでにフォロワーが115万人を突破する人気ぶり。3月に学習院大学をご卒業し、日本赤十字社に入社された愛子さまが原動力になっているという声が少なくない。

「インスタグラムに愛子さまのご様子がアップされるのは両陛下とご一緒の際のことがほとんどですが、これまでは学業最優先で今年園遊会初参加となった愛子さま人気はものすごく、一挙手一投足が注目されるにつれて沸き上がるのが、愛子さまを『天皇』にという声です。愛子さまは本来、ご結婚されれば皇室を出て行かれるお立場ですが、皇位継承は男系男子に限るという現在の制度では皇族数が減少する中、皇室の存続に危機が訪れるため賛成という声と、そもそも女性宮家の創設すら認めないという反対する声があります」(皇室ジャーナリスト)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変