著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

河合優実が開花した背景…俳優を目指す若手は「自分の将来を見越して事務所を選ぶ」時代に

公開日: 更新日:

 放送批評懇談会が選ぶギャラクシー賞月間賞のひとつに1月期ドラマで話題を集めた「不適切にもほどがある!」(TBS系)が選ばれた。

 昭和から令和にタイムスリップした阿部サダヲ演じる主人公の不適切な発言が物議を醸したが、不良高校生の娘役で出演していた河合優実(23)の存在感が際立っていた。放送開始直後は「この子、だれ」と言われていた河合だったが、父親とのやりとりで飛び出す過激なセリフも「本当にこんな子いそう」と思わせる演技に視聴者は魅せられた。

「可愛い女優はたくさんいますが、スケバン風のセーラー服と表情、吐き捨てるようなセリフを言えて絵になる女優はそういない。河合はまさに適役でした」(テレビ関係者)

 山口百恵に似た顔も話題になったが、見る人に与えた印象は百恵と似た一面もあった。デビュー時の百恵は暗い印象すら感じる歌唱スタイルで「アイドルらしくない」と呼ばれた。5曲目のシングル「ひと夏の経験」は、「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ」という過激な歌詞で大ヒット。「百恵ってどんな子」と関心を呼び、女性誌は生まれ育ったルーツまで特集した。河合も「何者なの」と思わせる不思議な魅力を持っている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた