爆笑問題・太田光が熱弁ふるった“売れる芸人の条件” ウエストランド井口に「事件を起こしたやつが」

公開日: 更新日:

 都内の図鑑カフェを舞台に爆笑問題太田光がゲストとじっくりと語り合う「太田光のテレビの向こうで」(BSフジ)。お互いに率直な思いや質問をぶつけることで、知られざるエピソードが次々と引き出されていく魅力的な対談番組だ。

 1月放送の初回ゲストは、シンガー・ソングライターの佐野元春。1980年代という時代の特異性、お互いのルーツや作品、創作活動に対する思いなどについて熱く語り合った。個人的には、太田の両親がブレーク前のハナ肇とクレージーキャッツのパフォーマンスを見ていたエピソードに胸躍った。

 4月7日放送の第2弾には、昨年のWBC侍ジャパンを優勝に導いた栗山英樹前監督が登場。米大リーグのドジャース大谷翔平選手の話題から始まり、現役時代に決してスター選手ではなかった栗山氏の名将ぶりを映画「七人の侍」の島田勘兵衛(農村を守るため個性豊かな侍を率いる浪人)に例えるなど、序盤から太田らしい着眼点で話は運ぶ。

 その後、日本野球と漫画との関係性、読者または著者としての本との関わり方など話題は多岐にわたったが、とくに印象に残ったのは“太田がテレビや笑いに対してどう向き合ってきたか”について語る場面だった。

 栗山氏が、ベテラン芸人として若手をどう見ているのか尋ねると「今若いお笑いの連中もみんなスクールに入って『こういう場合はこういうボケをする』とかって、たぶん習ってるはずなんですよ」と太田は口を開く。

 続けて「俺らの若手の頃って『とにかくめちゃくちゃやりゃいいんだろ』っていうところで。テレビじゃとても使えないような、僕らもそうだったんですけど、そういう中でやってきてるから。いわゆるセオリーとかわかんないんですよ」と苦笑した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル